Archives

Monthly Archive for: ‘11月, 2017’

報告:ひきこもり大学2017in沖縄

IMG 3915
ひきこもり大学in沖縄2017(2016年ファイザープログラム人材育成セミナー)
対 象:ひきこもりの方・当事者家族・支援者ほか
日 時:11/12(日)14時〜16時30分
場 所:なは市民活動支援センター
参加費:無料
参加数:17名
主 催:特定非営利活動法人ウヤギー沖縄
協 力:全国ひきこもりKHJ家族会連合会沖縄支部てぃんさぐぬ花の会

ひきこもり大学は本講演主催のNPO法人ウヤギー沖縄代表の近藤正隆氏によるあいさつと、KHJ家族会の沖縄支部長によるあいさつ、先日開催されたKHJ東京大会の報告を終えて開講しました。

大橋さんは発達障害を含めた障害一般の考え方や、生きづらさについての考え方、生きづらさを抱える子供と家族の関係のあり方など多岐にわたってお話しくださいました。やわらかな語り口の中には父親または母親として、兄弟として、ひきこもりの子どもを抱える家族として耳に痛い話もありましたが、家族の何が問題で、どのように考えればよいのか、具体的な解決策を交えてお話くださいました。
さらに大橋さんは「ひきこもりの問題は親が変わることが前提条件です。親が変わるということは、親が自分の生き方を見つめ直し、人生を充実させるために生き直すということ。これには家族会の力が大きく働くのでみなさんも家族会に是非参加して下さい」と訴えて講演を締めくくりました。

講演終了後も大橋さん参加者ともにお話し足りない様子で、2次会と称して会場近くのモスバーガーに移動しました。
参加者のみなさんはそれぞれ当日会ったばかりでしたが、大学と2次会を通してお互いに連帯感が生まれていました。

ひきこもり大学2017沖縄を開講します

Webtop 01

ひきこもっている子どもは何を考えているのだろう。何が原因でひきこもりになり、どうすれば解決するのだろう。
かつてひきこもりを経験した講師から、ひきこもり体験を通した見識や知恵、メッセージなどをいただく「ひきこもり大学」。
今回は自らを「いじめ、不登校、家族との確執、障碍、ひきこもり」の五冠と語る大橋さんを講師に迎えます。
大橋さんは、自身が軽度精神遅滞(軽度知的障碍)付 大人の発達障碍当事者として、今までの様々な社会体験を活かしながら、様々な困難、しんどさ、生きずらさを抱えた子ども・若者の教育・就労等のサポート、ご家族相談をピアの視点で行っています。
2017年に頒布されたNHK福祉ビデオ「ひきこもりからの回復」に出演し、元当事者としてメッセージを発信しています。。また10月下旬のKHJ全国大会in東京では実行委員長も勤めています。

本イベントはNPO法人ウヤギー沖縄が株式会社ファイザーより助成を受けて実施している沖縄コーヒープロジェクトの一環です。ウヤギー沖縄は、沖縄ででコーヒーを栽培し、加工販売できる環境を整備しながら、社会参加に困難を抱える方にアルバイトの機会を提案しています。

ひきこもり大学in沖縄2017(2016年ファイザープログラム人材育成セミナー)
対 象:ひきこもりの方・当事者家族・支援者ほか
日 時:11/12(日)14時〜16時30分
場 所:なは市民活動支援センター(那覇市銘苅2-3-1 新都心モスバーガー裏 公共交通機関をご利用になるか周辺の民間駐車場をご利用下さい 駐車場についてはパンフレットの地図をご参照下さい)
参加費:無料
主 催:特定非営利活動法人ウヤギー沖縄
協 力:全国ひきこもりKHJ家族会連合会沖縄支部てぃんさぐぬ花の会

プログラム
発達障害学部生きづらさ学科(生きづらさを生きる命題に、生きる、生き抜く)大橋史信
元当事者のコーヒー園アルバイト活動報告
第12回KHJ全国ひきこもり家族会連合会全国大会報告
質問・相談

→イベントポスターのダウンロードはこちらをクリック←
下記ポスター表示は拡大して表示が可能です。またブラウザの新しいタブで表示することも可能です。下記pdf表示エリアの右上のアイコンをクリックしてください。


特定非営利活動法人ウヤギー沖縄 沖縄県那覇市銘苅2丁目3番1号 なは市民活動支援センター内 E-mail:info@uyagi.org