ブログ

報告:ひきこもり大学2017in沖縄

IMG 3915
ひきこもり大学in沖縄2017(2016年ファイザープログラム人材育成セミナー)
対 象:ひきこもりの方・当事者家族・支援者ほか
日 時:11/12(日)14時〜16時30分
場 所:なは市民活動支援センター
参加費:無料
参加数:17名
主 催:特定非営利活動法人ウヤギー沖縄
協 力:全国ひきこもりKHJ家族会連合会沖縄支部てぃんさぐぬ花の会

ひきこもり大学は本講演主催のNPO法人ウヤギー沖縄代表の近藤正隆氏によるあいさつと、KHJ家族会の沖縄支部長によるあいさつ、先日開催されたKHJ東京大会の報告を終えて開講しました。

大橋さんは発達障害を含めた障害一般の考え方や、生きづらさについての考え方、生きづらさを抱える子供と家族の関係のあり方など多岐にわたってお話しくださいました。やわらかな語り口の中には父親または母親として、兄弟として、ひきこもりの子どもを抱える家族として耳に痛い話もありましたが、家族の何が問題で、どのように考えればよいのか、具体的な解決策を交えてお話くださいました。
さらに大橋さんは「ひきこもりの問題は親が変わることが前提条件です。親が変わるということは、親が自分の生き方を見つめ直し、人生を充実させるために生き直すということ。これには家族会の力が大きく働くのでみなさんも家族会に是非参加して下さい」と訴えて講演を締めくくりました。

講演終了後も大橋さん参加者ともにお話し足りない様子で、2次会と称して会場近くのモスバーガーに移動しました。
参加者のみなさんはそれぞれ当日会ったばかりでしたが、大学と2次会を通してお互いに連帯感が生まれていました。

ひきこもり大学2017沖縄を開講します

Webtop 01

ひきこもっている子どもは何を考えているのだろう。何が原因でひきこもりになり、どうすれば解決するのだろう。
かつてひきこもりを経験した講師から、ひきこもり体験を通した見識や知恵、メッセージなどをいただく「ひきこもり大学」。
今回は自らを「いじめ、不登校、家族との確執、障碍、ひきこもり」の五冠と語る大橋さんを講師に迎えます。
大橋さんは、自身が軽度精神遅滞(軽度知的障碍)付 大人の発達障碍当事者として、今までの様々な社会体験を活かしながら、様々な困難、しんどさ、生きずらさを抱えた子ども・若者の教育・就労等のサポート、ご家族相談をピアの視点で行っています。
2017年に頒布されたNHK福祉ビデオ「ひきこもりからの回復」に出演し、元当事者としてメッセージを発信しています。。また10月下旬のKHJ全国大会in東京では実行委員長も勤めています。

本イベントはNPO法人ウヤギー沖縄が株式会社ファイザーより助成を受けて実施している沖縄コーヒープロジェクトの一環です。ウヤギー沖縄は、沖縄ででコーヒーを栽培し、加工販売できる環境を整備しながら、社会参加に困難を抱える方にアルバイトの機会を提案しています。

ひきこもり大学in沖縄2017(2016年ファイザープログラム人材育成セミナー)
対 象:ひきこもりの方・当事者家族・支援者ほか
日 時:11/12(日)14時〜16時30分
場 所:なは市民活動支援センター(那覇市銘苅2-3-1 新都心モスバーガー裏 公共交通機関をご利用になるか周辺の民間駐車場をご利用下さい 駐車場についてはパンフレットの地図をご参照下さい)
参加費:無料
主 催:特定非営利活動法人ウヤギー沖縄
協 力:全国ひきこもりKHJ家族会連合会沖縄支部てぃんさぐぬ花の会

プログラム
発達障害学部生きづらさ学科(生きづらさを生きる命題に、生きる、生き抜く)大橋史信
元当事者のコーヒー園アルバイト活動報告
第12回KHJ全国ひきこもり家族会連合会全国大会報告
質問・相談

→イベントポスターのダウンロードはこちらをクリック←
下記ポスター表示は拡大して表示が可能です。またブラウザの新しいタブで表示することも可能です。下記pdf表示エリアの右上のアイコンをクリックしてください。


コーヒー精製実習でパルパーを動かしました

IMG 3832

平成29年10月22日日曜日にうるま市伊波石川にある農園そばのミキハウスにて、中国から輸入したコーヒーパルパーを使い、コーヒーの実と種(豆)の剥離実演を行いました。参加者は17名でした。
パルパーの稼働についてはページ下のYouTubeウィンドウにてご確認ください。

普段から農業をされている参加者も多かったので、すぐにパルパーの特徴をつかんで剥離実演することができました。

この実習に合わせて沖縄県内各所のコーヒー園にて、前日までに約5キロの実を収穫しました。剥離を終えると約1.5キロでした。
乾燥させて外殻(パーチメント)を剥がすとなると、さらに目減りしますね。1杯のコーヒーがとても貴重に思えますね。

コーヒーパルパーを輸入した方法については別途報告いたします。アップするまでしばらくお待ち下さい。

ファイザープログラム 「コーヒーの精製実習」のご案内

IMG 3661
日時:2017年10月22日(日)午後2時~3時半

  • 会場:美紀ハウス(うるま市石川伊波1515-32。沖縄自動車道石川インターから5分BONESの看板を入った奥。)
  • 定員:20名
  • 参加費:1,000円(美紀ハウス特性のフレッシュジュースとクッキー付)
  • 申込:準備の必要上、10月18日(水)までにご連絡ください。

まだまだ暑い日々が続いておりますが、皆様におかれましてはご清祥のこととお慶び申し上げます。
先月は焙煎セミナーに多数ご参加下さいましてありがとうございます。
焙煎した沖縄コーヒーの試飲はいかがでしたか?参加者が多く、皆様方の感想をあまり聞けませんでしたので、何かお気づきのことがございましたらお知らせください。

今回は、前回ご覧いただいたパルパーを使った精製実習です。コーヒーチェリー収穫後にパルパーで果肉を剝き、ミューシレージというヌルヌルを水洗いして乾燥させるという加工部分の第一段階の実習ですから講師はおりません。
今年は夏が晴天続きでしたから実が熟すのが早く、中・南部では既に収穫が始まっております。そこで予定より早く精製実習を行うことになりました。果肉除去後その一部を当会に販売して下さる方には、今回使うパルパーを無料でご使用いただけるようにしたいと思います。コーヒー栽培農家の方々にも、6次産業化を目指して栽培から精製、焙煎も身に着けていただきたいと思いますので、多くの方々のご参加をお待ちしております。会場は挿し木・接ぎ木実習を行った、うるま市の美紀ハウスです。

コーヒー園でのアルバイト

IMG 3780 E1506868374498
9月23日16時〜18時
うるま市石川のミキハウスコーヒー農園
元ひきこもりの若者2名
家族会3名
合計5名

「悩みまくりです。相談&おしゃべりができたらいいなーと」3年ほど前に相談していた20代の男性からフェイスブック経由で久しぶりにメッセージが有りました。

ファミリーレストランでハンバーグを食べながら久しぶりの会合です。楽しく近況報告をして少し落ち着いたところに、コーヒー園でアルバイトを募集していることをお話しすると「やってみたい。またひきこもりそうだから」「じゃ、一緒にやろううよ」。話が進むときにはどんどん進みますね。

彼の他に40代の男性も参加したいと言ってくれました。

当日を迎えるまでに、草むしりがメインでいつかコーヒーの収穫があるという作業のこと、アルバイト料は時給700円で週に1回〜2回程度、ひきこもりに悩んだ(悩んでいる)仲間が参加することについて個別にお話をしました。

「今着きました!」集合時間の30分前に連絡がありました。心配は杞憂でしたね。
当日は元ひきこもりの方が2名、協力団体から3名が集まり、おしゃべりしながら楽しく作業しました。
ビフォーアフターの画像でけっこう頑張ったところがわかると思います。

作業を終えるとコーヒ園の方からパッションフルーツのフレッシュジュースをいただきました。
甘酸っぱくて最高においしかったです。
IMG_3784

みんなでいい思いを分かち合う。いい時間となりました。

ファイザープログラム「コーヒー栽培の人材育成セミナー」レポート

IMG 3761
日 時:2017年9月10日(日)午後1時半~4時45分
会 場:名護市中央公民館第4研修室
講 師:NPO法人ウヤギー沖縄代表、一般社団法人沖縄コーヒー協会会長 近藤正隆
参加者:2名

2016年度ファイザープログラム「心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援事業」の助成を受けて実施している「おきなわ夢コーヒープロジェクト」は、コーヒー栽培の人材育成セミナーを平成29年9月10日(日)に名護市中央公民館第4研修室にて開催しました。

セミナーには前日の焙煎セミナーに参加された方と、個人で実験的にコーヒー栽培を10年続けているという農家の方が参加しました。

セミナーはNPO法人ウヤギー沖縄代表 近藤氏が沖縄でコーヒーを栽培することの価値や、ウヤギー沖縄の夢コーヒープロジェクトの取り組み、これまでに得られたコーヒー栽培と焙煎、販売にいたるまでのノウハウを説明しました。

今回は実験的に栽培を10年続けている農家の方がいらっしゃったので、コーヒーの栽培から焙煎、生産農家を増やすための施策などについて多岐にわたり議論されました。

ファイザープログラム「コーヒーの焙煎実習セミナー」レポート

 2
日 時:2017年9月9日(土)午後2時~3時半
会 場:Yanbaru Harusaa!s Table “Cookhal”(名護市名護4607-1ネオパークオキナワ
駐車場奥 ℡0980-43-7170)
講 師:一般社団法人 アトリエみらい 理事長    東 邦治 氏
同生活支援員・自家焙煎「やんばる珈琲」主催 東 邦英 氏
参加費:1,000円(スウィーツ・焙煎したてのコーヒー付)
参加者:26名

IMG_37322016年度ファイザープログラム「心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援事業」の助成を受けて実施している「おきなわ夢コーヒープロジェクト」は、コーヒーの焙煎実習セミナーを平成29年9月9日(土)に名護アグリパーク内のカフェ”Cookhal”にて開催しました。

コーヒー焙煎の香りの中、NPO法人ウヤギー沖縄代表で一般社団法人沖縄コーヒー協会会長の近藤氏が、6時産業化を目指して栽培から焙煎までの技術を身に着けていただきたいと挨拶し、セミナーは始まりました。

次に一般社団法人アトリエみらい理事長の東邦治氏と自家焙煎「やんばる珈琲」主催の東邦英氏による焙煎セミナーに移りました。セミナーでは業務用の焙煎機と家庭用焙煎機、電気焙煎と直火焙煎、生豆の種類と焙煎時間、味の関係などについて詳しい説明がありました。

IMG_3737この日は本プロジェクトのために購入したコーヒーパルパーも展示され、参加者は輸入の方法や動かし方などについても熱心に耳を傾けていました。

また本日のためにウヤギーが用意した西原町で収穫されたコーヒーの生豆を講師が焙煎し、そのまま参加者にコーヒーが振る舞われました。
沖縄産コーヒーを試飲した参加者は
「苦味が少なくさわやかなコクでおいしい」
「浅煎りのものが風味が豊かですね」

と感想を述べていました。

 

「おきなわ夢コーヒープロジェクト人材育成セミナー」のご案内

IMG 3636 E1504592305733
2016年度ファイザープログラム
心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援事業

「おきなわ夢コーヒープロジェクト人材育成セミナー」のご案内

日時:平成29年9月10日(日)

1、ひきこもり対象(保護者も含む)セミナー
  受付・・・13:15
  セミナー・13:30~14:45

2、農家対象(コーヒー栽培を目指す方も含む)セミナー
  受付・・・15:15
  セミナー・15:30~16:45

場所:名護市中央公民館第4研修室

(名護市港2-1-1。名護市役所の向かい側です)

講師

近藤正隆氏:NPO法人ウヤギー沖縄理事長、NPO法人全国ひきこもり家族会連合会副理事長
国吉大介氏:キャリアコンサルタント、NPO法人全国ひきこもり保護者会連合会沖縄支部てぃんさぐぬ花の会事務局長

定員:各20名

費用:無料

参加申込

参加ご希望の方は9月6日(水)までに下記にお願いします。
主催及び問い合わせ先:NPO法人ウヤギー沖縄 http://www.uyagi-oki.org/
(那覇市銘苅2-3-1なは市民活動支援センター内℡080-4090-4388E-mail:kondo@jyda.jp)
理事長近藤正隆

毎日暑い日が続いておりますが、皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、NPO法人ウヤギー沖縄は、農家の方々の協力を得て有機農法による農産物の生産、加工、販売を通して、環境保護、地域活性化、仕事につきにくい若者の自立支援を行っている、2009年設立の非営利団体です。当初から「沖縄に農業ブランドを起こす」というテーマで座談会やセミナーを行って来ました。

KHJ全国ひきこもり家族会連合会の13年間に渡る調査によれば、ひきこもり本人の平均年齢は33,5歳で高年齢化が進んでいるようです。更に、沖縄は失業率も高く、引きこもり相談も多いのが現状です。そこでKHJでは沖縄支部、石垣支部を設立し支援を始めました。しかし、就労は困難な場合が多いため、地域性を活かした仕事の場を創ることを考え、私たちはコーヒーの6次産業化をめざすことに至りました。全国的には、沖縄でコーヒー栽培ができることを知る人は少ないようですが、沖縄コーヒーは実に美味しく、軽労働で希少価値があることがわかっています。コーヒー栽培は、他人とのコミュニケーションを取るのが苦手なひきこもりの格好な仕事になり、彼らは心身ともに健康になり、経済的にも自立することが期待できます。また沖縄コーヒーという、埋もれている特産物の知名度を上げ、地域を活性化することもできます。

そこで私たちは、農家や専門家の指導で彼らが生き生きと働けるようになり、6次産業化を経て沖縄の農業、観光、地域活性化に役立つ
ことを目指し、本事業を計画いたしました。
本事業は、ひきこもりを対象に、人材育成セミナーを開催し、コーヒーの栽培から販売までの体験により、アルバイトを経て自立を目指すことを目的とします。

また、農家を対象としたセミナーも開催。ひきこもりの人たちは何が得意で何が苦手かをお話しします。農家の方々には彼らが皆様方のお手伝いする場を与えていただきたいのですが、彼らのアルバイト料は助成金で賄われますので、農家の負担はございません。今までコーヒー栽培に携わったことのない方々には、実習を含めて6次産業化を活用して栽培から販売、店舗展開までのノウハウを伝え、収穫した豆は全て買い取ることもお話しいたします。
この機会に、ぜひご参加いただきますよう、よろしくお願いいたします。

ファイザープログラム 「コーヒーの焙煎実習」のご案内

IMG 3661
日 時:2017年9月9日(土)午後2時~3時半
会 場:Yanbaru Harusaa!s Table “Cookhal”(名護市名護4607-1ネオパークオキナワ 駐車場奥へ 電話0980-43-7170)
講 師:一般社団法人アトリエみらい理事長東邦治氏
同生活支援員・自家焙煎「やんばる珈琲」主催東邦英氏
定 員:20名
参加費:1,000円(スウィーツ・焙煎したてのコーヒー付)
申 込:準備の必要上、9月5日(火)までにウヤギー沖縄までご連絡ください。

暑い日々が続いておりますが、皆様におかれましてはご清祥のこととお慶び申し上げます。先日は2回に渡る栽培セミナーにご参加下さいましてありがとうございます。
またその際にはアンケートにお答え頂きましてありがとうございます。

ファイザープログラムも半期が終了し、7月31日に中間報告書をファイザー株式会社に送りました。人材育成セミナーは名護を残すだけとなりましたので、今回は2日間に渡り焙煎実習と人材育成セミナーを名護で行います。
講師はファイザープログラムに協力していただいている、一般社団法人アトリエみらい理事長の東邦治氏と、ご子息で「自家焙煎やんばる珈琲」主宰者東邦英氏です。

以前お伝えした果肉除去機(パルパー)が届きました。現在は上記東さんの所に預かって頂いておりますので、当日ご覧いただけます。活用はコーヒーチェリーの収穫後になりますが、果肉除去後その一部を当会に販売して下さる方には、無料でご使用いただけるようにしたいと思います。コーヒー栽培農家の方々にも、6次産業化を目指して焙煎方法も身に着けていただきたいと思いますので、多くの方々のご参加をお待ちしております。

コーヒーパルパーを輸入しました

IMG 3661

待ちに待ったコーヒーパルパーが届きました!中国からの輸入品です。
アリババサイトを利用しましたが、代行業者の存在が非常にありがたかったです。
さて、コーヒパルパーはコーヒーの実と種(豆)を分離するための機械ですね。
コーヒーを栽培しない日本ではほとんどお目にかからない機械です。
現在ウヤギーと協力農家さんとでコーヒーの栽培と研究を続けていますが、
コーヒーを収穫し焙煎する、そして楽しむという一連の流れがようやくリアルに感じることができました。

現在名護市の会員の事務所に保管していただいています。
ご協力心より感謝いたします。自家栽培のコーヒー販売までもう少しですね。

Page 1 of 3123»